読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pythonでフォルダ内のファイル一覧をパス無しで取得する

import glob import os files = glob.glob('D:/CEN_list/CEN_list/bin/Debug/file/*.txt') for f in files: (dirname,filename)=os.path.split(f) print(filename)

Journalのタイトルをリストアップする

c#

using System.Text; using System.IO; namespace html { class Program { static void Main(string[] args) { StreamWriter writer = new StreamWriter("article.html", true, Encoding.UTF8); writer.WriteLine("<ol>"); for (int volume = 1; volume < 6; volu</ol>…

Journalのタイトルを一括ダウンロード

c#

namespace download { class Program { static void Main(string[] args) { for (int volume = 1; volume < 6; volume++) { for (int issue = 1; issue < 3; issue++) { for (int page = 1; page < 3; page++) { string url = "http://link.springer.com/jou…

英語学習のためのアプリを作る

c#

MainWindow.xaml <Window x:Class="WpfApplication1.MainWindow" xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" Title="英語問題" Height="350" Width="816" Initialized="Window_Initialized"> <Grid> </grid></window>

Rの結果をPDFに出力する(文字化け対応)

R

Rの結果をテキストファイルとpngファイルに出力する。 それらをWordで受け取ってPDFファイルに出力する。 Rのコード data(iris) mydata <- iris 比較 <- c("Sepal.Length","Sepal.Width","Petal.Length","Petal.Width") counter=1 for (hikaku in 1:length(…

Excelのコマンドボタンの右クリックを有効にする方法

以下の二つは共存可能。 Private Sub CommandButton1_Click() MsgBox ("左クリック") End Sub Private Sub CommandButton1_MouseUp(ByVal Button As Integer, ByVal Shift As Integer, ByVal X As Single, ByVal Y As Single) If Button = 2 Then MsgBox ("…

VBAでカレンダーコントロールを自作する

簡単にコピペで再現できるようにボタンなどのコントロールの配置やそのプロパティはすべてコードに記述。フォームやモジュールを追加して下記をコピペするだけで完成。①カレンダーフォーム「Calender」を追加する Option Explicit Private Sub UserForm_Init…

Excelユーザーフォームに動的にコマンドボタンを追加する

クラスモジュール「Button_Setting」をあらかじめ追加しておく Option Explicit Public WithEvents original_button As CommandButton Private Sub original_button_Click() 'クリックイベントをここに記載 End Sub Option Explicit Sub ユーザーフォームを…

数独を解く(別解:バックトラック法)

c#

Form1.cs using System; using System.Linq; using System.Windows.Forms; namespace 数独バックトラック法 { public partial class Form1 : Form { Button[] IDbutton = new Button[81]; Button kensyo = new Button(); Button zikko = new Button(); Butto…

数独を解く(6日目)

c#

実行ボタンのClickイベントハンドラを記述する。 private void zikko_Click(object sender, EventArgs e) { Stopwatch sw = new Stopwatch(); sw.Start(); //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////…

数独を解く(5日目)

c#

新規ボタンのClickイベントハンドラを記述する。 private void newGame_Click(object sender, EventArgs e) { foreach (Button a in IDbutton) { a.Text = ""; a.Enabled = true; } kensyo.Enabled = true; zikko.Enabled = false; }

数独を解く(4日目)

c#

検証ボタンのClickイベントハンドラを記述。 private void kensyo_Click(object sender, EventArgs e) { //数字の拾い出し int d; for (int i = 0; i < 81; i++) { int.TryParse(IDbutton[i].Text, out d); kazu[i] = d; } //検証を実行 if (kensyo_do()) { …

数独を解く(3日目)

c#

以下のプログラムをコンソールアプリケーションとして実行する。 「resource.txt」というファイルが作られる。 出来たファイルをおおもとのプログラムにリソースとして取り込む。 using System.Collections.Generic; namespace 下準備 { class Program { sta…

数独を解く(2日目)

c#

ユーザーフォームを追加する (input.cs) Loadのイベントハンドラを作成する必要あり。 using System; using System.Drawing; using System.Windows.Forms; namespace 数独をとく { public partial class input : Form { Button[] button = new Button[9]; pu…

数独を解く(1日目)

c#

まずはGUIまわりから(GUI.cs) メインフォーム(Form1)のLoadのイベントハンドラーを作成する必要あり。 using System; using System.Drawing; using System.Windows.Forms; namespace 数独ソルバー { public partial class Form1 : Form { private void Form1…

例外処理

c#

try { } catch(Exception ex) { MessageBox.Show(ex.Message, Application.ProductName , MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error); }

フォームを閉じるときの終了確認

c#

private void MainForm_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e) { DialogResult reply; reply = MessageBox.Show("このアプリケーションを終了します" , Application.ProductName, MessageBoxButtons.OKCancel , MessageBoxIcon.Information); …

Rの計算結果を新たなwindowに出力する方法

コンソールに文字として結果が出力される統計解析結果などを他のwindowに出力する方法。 以下の関数を定義しておく。 original_output <- function(){ x <- winDialogString("output to a new window","") filename <- tempfile() capture.output(eval(parse…

ExcelファイルをRに読み込む

R

クリップボード経由でファイルを読み込む方法 read.table(file="clipboard",header=T,sep="\t")

プロットのマーカーをきれいに表示する方法

R

plot(0, 0, xlim=c(0,3), ylim = c(0, 8), type = "n", axes = F, xlab = "", ylab = "") a<-rep(0:2,c(9,9,8)) b<-c(8:0,8:0,8:1) points(a,b,pch=0:25,cex=3) text(a+0.45,b,0:25)

biocGraph パッケージを使用して Rgraphviz で描いた図にリンクをはる方法

R

library(RCurl) library(XML) library(geneplotter) library(Rgraphviz) library(biocGraph) library(org.Hs.eg.db) gene_article <- function(geneID){ ID2symbol <- as.list(org.Hs.egSYMBOL) gene_name <- unlist(ID2symbol[geneID]) url <- paste("http:…

きれいな棒グラフを描く

ピンク (255,153,255) 黄色 (255,255,102) 水色 (204,236,255) グリーン (102,255,102)

きれいな円グラフを描く

薄い青 (134,202,232) グレー (153,165,204) ピンク (246,170,200) 薄い黄 (254,210,122) 薄いオレンジ (245,162,108) ライム (163,202,112)

C#でXML操作

using System; using System.Linq; using System.Windows.Forms; using System.Xml.Linq; 結合 XDocument xdoc1 = XDocument.Load("http://eutils.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/eutils/efetch.fcgi?db=pubmed&mode=XML&id=14993493"); XDocument xdoc2 = XDocume…

画像ファイルを複製する

using System; using System.Drawing; using System.Windows.Forms; namespace bitmap { public partial class Form1 : Form { public Form1() { InitializeComponent(); } int file_num; string file_name; string input_name; private void button1_Click(…

ImageMagickを使わずにWindowsでpng画像からgif画像を作成する

R

必要なパッケージは「png」と「caTools」 図形描画関数群を「draw.R」の名前であらかじめ保存 source("draw.R") library(png) library(caTools) for(i in 1:30){ file.name <- sprintf("%02d.png",i) png(file.name, width=960,height=720,bg="black") par(m…

PDFを操作するプログラム

using System; using System.Windows.Forms; namespace PDF { public partial class Form1 : Form { public Form1() { InitializeComponent(); } MainMenu main = new MainMenu(); MenuItem top = new MenuItem(); readonly string[] _kugiri = { ".pdf", ".…

6日間で文献管理アプリを作る(おまけ)

Form1.cs using System; using System.Windows.Forms; using System.IO; namespace 文献管理 { public partial class Form1 : Form { string choose_file; //選択したファイルの名前 int article_number; //文献数 string[] article_array; //PMIDの配列 con…

6日間で文献管理アプリを作る(6日目)

article_formに関して まずは以下の変数を定義する public FileInfo file_info; //選択しているXMLファイルの情報 public int article_number2; //文献数(Form1から受け取る) public string[] article_array2; //PMIDの配列(Form1から受け取る) int curr…

6日間で文献管理アプリを作る(5日目)

メニューバー「ファイル」/「HTML出力」を定義 まずは以下の「output_html.cs」を追加 using System; using System.Windows.Forms; using System.Xml.Xsl; namespace 文献管理 { public partial class Form1 { void output_html() { //OpenFileDialogクラス…

6日間で文献管理アプリを作る(4日目)

メニューバー「データ」/「追加」「削除」を定義 まずは以下の「add_remove.cs」を追加 using System.Windows.Forms; using System.Xml.Linq; using System.Linq; namespace 文献管理 { public partial class Form1 { void article_add(string a) { try { b…

6日間で文献管理アプリを作る(3日目)

メニューバー「ファイル」/「新規作成」を定義 まずは以下の「make_new_file.cs」を追加 using System; using System.Windows.Forms; using System.Xml.Linq; namespace 文献管理 { public partial class Form1 { void make_new_file() { SaveFileDialog sf…

6日間で文献管理アプリを作る(2日目)

以下の変数と定数を定義 string choose_file; //選択したファイルの名前 int article_number; //文献数 string[] article_array; //PMIDの配列 const string ver_no = "1.0.0"; //バージョンナンバー メニューバー「ヘルプ」/「バージョン情報」を定義 priv…

6日間で文献管理アプリを作る(1日目)

まずは新規プロジェクト「文献管理」を作成 Form1のプロパティを変更 Form1のTextを「文献管理」に変更 「ツールボックス」/「メニューとツールバー」からMenuStripを追加 追加したMenuStripを右クリックして「標準項目の挿入」を選択 以下のように変更 フ…

PubMedからダウンロードしたXMLファイルの操作方法

文献数を確認する using System.Xml.Linq; XDocument xdoc = XDocument.Load("pubmed_result.xml"); MessageBox.Show(xdoc.Descendants("PMID").Count().ToString()); IDを表示する using System.Xml.Linq; XDocument xdoc = XDocument.Load("pubmed_result.…

英語が苦手な人のためのブラウザを作る

c#

英語嫌いの自分のためにPubMedのためのブラウザを作ってみた。新規プロジェクトを作成 Form1のプロパティを変更 Form1のTextを「My Browser」に変更 Form1にSplitContainerを追加 FixedPanelはPanel1に変更 IsSplitterFixedはtrueに変更 orientationはHorizo…

きれいなグラフを描く

外の塗りつぶしはテクスチャの「便箋」、影は「オフセット(斜め右下)」 内の塗りつぶしは白、影は「内側(斜め左上)」 バーのグラデーションは「右方向」 青のグラデーション (97,126,159) (59,109,168) (40,77,122)赤のグラデーション (255,0,0) (230,0,…

不要な列を削除する

Dim 列 As Integer Dim a As Integer 列 = Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column For a = 列 + 1 To 1 Step -1 If Cells(1, a) = Empty Then Cells(1, a).EntireColumn.Delete Shift:=xlToLeft Next