物体検出

Arduinoを使ってボールを追いかける車を作った

はじめに カメラ画像をWi-FiでPCに送信。 PCでカメラ画像からボールの位置を確認、XBeeを使ってArduinoにモータを動かす指示を送信。 上記を繰り返すことによってボールを追いかけることができた。 ボールの認識はMXNetの物体検出モデルを使用した。(こちら…

ボールがある方向を向く(パン&チルト)

以前は1軸であったが、今回は2軸にした。 ボールを検出するために学習済みSSDを使って転移学習を行った。 (こちらを参照) Pythonコード import mxnet as mx import gluoncv import serial, time import cv2, queue, threading class VideoCapture: def __i…

人がいる方向をむく(アクションカメラ APEMAN A79)OpenCV-Python

touch-sp.hatenablog.com 前回はOpenCVではどうしてもうまくいかなかったと書いた。 数日間調べ続けてようやく解決策を発見した。 stackoverflow.com import mxnet as mx import gluoncv import serial, time import cv2, queue, threading class VideoCaptu…

人がいる方向をむく(アクションカメラ APEMAN A79)

はじめに 環境 バージョン確認(pip freeze) Pythonコード Arduinoスケッチ Arduino関連の記事 はじめに touch-sp.hatenablog.com 前回はiPhoneを使った。アクションカメラの方が軽量なのでそちらでもチャレンジ。 アクションカメラは安さ優先で「APEMAN A7…

人がいる方向をむく(iPhone)

はじめに 環境 バージョン確認(pip freeze) Pythonコード Arduinoスケッチ Arduino関連の記事 はじめに カメラにうつりこんだ人の顔を検出し、その顔の方向にカメラが向くようにしてみた。 まずはサーボの上にiPhoneを乗せた。(多少の工作が必要) iPhone…

Pascal VOC dataseを用いて顔検出を学習する

環境 Windows10 Pro GPUなし Python 3.8.2 バージョンの確認(pip freeze) インストールが必要なのは「mxnet」と「gluoncv」と「opencv-python」のみ。 pip install mxnet pip install gluoncv pip install opencv-pythonその他は勝手についてくる。 certif…

カメラに人が写り込んだらLEDを光らせる

はじめに 環境 バージョン確認(pip freeze) Pythonコード Arduinoスケッチ はじめに 写真に写っている人を数える(Faster RCNN resnet101) - パソコン関連もろもろ 物体検出(detect only one class) - パソコン関連もろもろ 動画に対して物体検出(ssd_…

物体検出モデルのファインチューニング(Object Trackingの結果を用いて)

はじめに 前回Object Trackingについて書いた。 touch-sp.hatenablog.com その結果を物体検出モデルの学習データに使えないかを検証してみた。 約30秒程度の動画を撮影し、そこから約800枚の画像を得た。 使うのは1本の動画のみとした。 ファインチューニン…

動画ファイルに対して物体検出(yolo3_mobilenet1.0_coco)

初めに 環境 バージョンの確認(pip freeze) 実行ファイル 初めに 以前Webカメラの動画に対しての物体検出をやった。 今回は動画ファイルに対しての物体検出をやってみた。 すべてのフレームに対してモデルを適応すると処理が追い付かなので少し工夫が必要…

物体検出(detect only one class)

初めに 一つのクラスのみ検出するにはどうすればよいか? MXNet Forumに質問が投稿されていたので実際やってみた。 環境 Windows10 Pro GPUなし Python 3.8.2 バージョンの確認(pip freeze) certifi==2020.4.5.1 chardet==3.0.4 cycler==0.10.0 gluoncv==0…

動画に対して物体検出(ssd_512_mobilenet1.0)

初めに 環境 バージョンの確認(pip freeze) 実行ファイル 補足 初めに ノートパソコン付属のWebカメラの動画に対して物体検出をやってみた。 環境 Panasonic let's note CF-LX3 CPU Intel(R) Core(TM) i7-4600U CPU @ 2.10GHz 2.69GHz RAM 8.00 GBWindows1…

物体検出(Faster RCNN resnest269)

初めに 環境 バージョンの確認(pip freeze) 実行ファイル 結果 初めに 公開されたばかりの「faster rcnn resnest269」を使ってみた。 環境 Windows10 Pro GPUなし Python 3.8.2 バージョンの確認(pip freeze) 実際にインストールしたのは「mxnet」と「gl…

10行で物体検出(CenterNet)

初めに 環境(GPUなし) mxnet, gluoncvのインストール バージョンの確認(pip freeze) 実行ファイル 結果 初めに 今回は「CenterNet」のデモのみ実行してみた 環境(GPUなし) Windows10 Pro 64bit GPUなし Python 3.8.2 mxnet, gluoncvのインストール pip…

10行で物体検出(CenterNet)

初めに 環境(GPUなし) mxnet, gluoncvのインストール バージョンの確認(pip freeze) 実行ファイル 結果 追記(GPUあり) 初めに 今回は「CenterNet」のデモのみ実行してみた 環境(GPUなし) Windows10 Pro 64bit GPUなし Python 3.7.5 mxnet, gluoncvの…

写真に写っている人を数える(Faster RCNN resnet101)

from gluoncv import model_zoo, data img_file ='Abdullah_Gul_0016.jpg' net = model_zoo.get_model('faster_rcnn_fpn_resnet101_v1d_coco', pretrained=True) x, img = data.transforms.presets.rcnn.load_test(img_file) class_IDs, scores, bounding_bo…

GluonCV「Object Detection」pretrained modelの比較

「yolo3_darknet53_coco」 「ssd_512_resnet50_v1_coco」 「faster_rcnn_fpn_resnet101_v1d_coco」

10行で物体検出(gluoncv-YOLO-v3) GPUあり

初めに 環境 mxnet, gluoncvのインストール バージョンの確認(pip freeze) 実行ファイル 結果 初めに 03. Predict with pre-trained YOLO models — gluoncv 0.8.0 documentation 今回はデモのみ実行してみた 環境 Windows10 Pro 64bit NVIDIA GeForce GTX1…

WindowsでMXNet-SSDを使う(GPUあり)

環境 Windows10 Pro 64bit NVIDIA GeForce GTX1080 CUDA9.2 cudnn7.2.1 Python3.6.8(venv使用) 必要なパッケージのインストール pip install mxnet-cu92 pip install opencv-python pip install matplotlib バージョン確認(pip freeze) certifi==2019.6.16…

10行で物体検出(gluoncv-YOLO-v3)

初めに 環境 仮想環境の作成 実行ファイル 結果 感想 2018年10月15日追記 初めに 03. Predict with pre-trained YOLO models — gluoncv 0.8.0 documentation 今回はデモのみ実行してみた 環境 Windows 10 Pro GPUなし Python 3.6.6(venv使用) 仮想環境の作…

WindowsでDarknetのYOLO-v2を試してみる

Deep learningの世界ではLinux+Pythonが主流。 自分のようにWindows+Rでやっているのはおそらくかなりの少数派。 物体検出をmxnet-ssdでやろうと思ったが今のところPythonを使わないといけない。 そこでDarknetのYOLOに興味をもった。 参考にさせて頂いたサ…