RでMXNet(8)

速報

Githubをなんとなくのぞいてみたら、

400 mx.model.FeedForward.create <- 
401 function(symbol, X, y=NULL, ctx=NULL, begin.round=1, 
402          num.round=10, optimizer="sgd", 
403          initializer=mx.init.uniform(0.01), 
404          eval.data=NULL, eval.metric=NULL, 
405          epoch.end.callback=NULL, batch.end.callback=NULL, 
406          array.batch.size=128, array.layout="auto", 
407          kvstore = "local", verbose = TRUE, 
408          arg.params = NULL, aux.params = NULL, fixed.param = NULL, 
409          ...) { 

なんと、mx.model.FeedForward.createのパラメータにfixed.paramが追加された。
きっとこれはfine-tuneをするためのものに違いない。
Python使いにはModule APIというのがあるがRからは使えなかった。
Rを使うことに限界を感じ始めていたところにこの発見。やっぱりRで頑張ろう!!