WindowsでMXNet-Gluon-Style-Transferを使ってみる(GPUなし)

GPU版はこちら
touch-sp.hatenablog.com

環境

Windows10 Pro 64bit

Anacondaに仮想環境を作成

conda create -n gluon python=3.6 anaconda
activate gluon
pip install mxnet

python 2.7では最後の実行がうまくいかなかった

MXNetのソースをダウンロード

こちら』からv0.12.0のソースコードをダウンロードして解凍

imageのダウンロード

Linuxsvnコマンドが含まれるため、bash on Windowsを使用しないといけない
まずはsubversionのインストール

sudo apt-get install subversion

続いて、『incubator-mxnet-0.12.0/gluon/style_transfer』フォルダ内に移動して以下を実行

python download_images.py

Linuxコマンドが使えなけえば『こちら』からダウンロードできる

学習済みモデルのダウンロード

こちらは、通常のWindowsから実行可能
『incubator-mxnet-0.12.0/gluon/style_transfer』フォルダ内に移動して以下を実行

python models/download_model.py

Pythonコードの書き換え

『incubator-mxnet-0.12.0/gluon/style_transfer』フォルダ内のmain.pyとnet.pyを書き換え
(修正前)

from mxnet import gluon
from mxnet.gluon import nn, autograd, Block, HybridBlock, Parameter, ParameterDict

(修正後)

from mxnet import gluon, autograd
from mxnet.gluon import nn, Block, HybridBlock, Parameter, ParameterDict

実行

python main.py eval --content-image images/content/venice-boat.jpg --style-image images/styles/wave.jpg --model models/21styles.params --content-size 1024 --cuda 0