WindowsでMXNet-Gluon-Style-Transferを使う(GPUあり)

2018年4月3日動作確認

環境

Windows10 Pro 64bit
CUDA9.1
cudnn7.1.2

Anacondaで仮想環境を作成

conda create -n mxnet python=3.6 anaconda
activate mxnet

mxnetのダウンロード、インストール

こちら』から「mxnet_cu91-1.2.0b20180402-py2.py3-none-win_amd64.whl」をダウンロードしてインストール

pip install mxnet_cu91-1.2.0b20180402-py2.py3-none-win_amd64.whl

MXNetのソースをダウンロード

こちら』から最新のソースコードをダウンロードして解凍

imageのダウンロード

Linuxsvnコマンドが含まれるため、bash on Windowsを使用しないといけない
まずはsubversionのインストール

sudo apt-get install subversion

続いて、『incubator-mxnet-master/example/gluon/style_transfer』フォルダ内に移動して以下を実行

python3 download_images.py

学習済みモデルのダウンロード

こちらは、通常のWindowsから実行可能
『incubator-mxnet-master/example/gluon/style_transfer』フォルダ内に移動して以下を実行

python models/download_model.py

実行

python main.py eval --content-image images/content/venice-boat.jpg --style-image images/styles/wave.jpg --model models/21styles.params --content-size 1024 --cuda 1