物体検出

【物体検出】AutoGluonを使ってMMDetectionの学習を行う

はじめに 環境構築 学習データの準備 学習 推論 結果 関連記事 はじめにAutoGluonを使ってMMDetectionの学習を行うことができるようになったのでさっそく試してみました。学習データを作成するところから学習、推論といっきにやっていきます。環境構築 Ubunt…

続・OpenMMLab の MMDetection==3.0.0rcを試してみる【学習編】

公開日:2022年9月30日 最終更新日:2022年11月22日 はじめに 環境構築 モデル別学習スクリプト faster-rcnn_r50_fpn_1x_coco 学習 推論 はじめに前回推論を行いました。 touch-sp.hatenablog.com今回は学習編です。 公式サイトにはCOCOフォーマットを使って…

OpenMMLab の MMDetection==3.0.0rc を試してみる

公開日:2022年9月28日 最終更新日:2022年11月26日 初めに インストール オリジナル 動作確認済みの最新環境 推論のためのPythonスクリプト 気付いた変更点 学習編 初めに2022年11月25日現在MMDetectionの最新は2.26.0です。公式ページによると3.xの公開に…

OpenMMLab の MMDetection を使う【学習編】

公開日:2022年9月21日 最終更新日:2022年9月24日 はじめに 今回使用した学習データ モデル別学習スクリプト faster_rcnn_r50_fpn_1x_coco cascade_rcnn_r50_fpn_1x_coco libra_faster_rcnn_r50_fpn_1x_coco ssd512_coco yolox_s_8x8_300e_coco 推論 結果 f…

【超簡単】MMTrackingとYOLOv5を使って物体検出モデルの学習を教師データ作成含めてサクッと行う

公開日:2022年9月19日 最終更新日:2022年9月21日 はじめに 方法の概略 実行 Clone サンプル動画のダウンロード 学習データ作成、学習 推論 環境構築 使用させて頂いたツール その他 はじめに以前からどうにか物体検出モデルの学習を簡単にできないかと模索…

AutoGluonを使ってMMDetectionの推論が簡単に行えるよ(たったの7行)

プレビュー版のAutoGluonにMMDetectionの推論が簡単に行えるような機能が最近実装されました。さっそく試しに使ってみました。

【pysot】【yolov7】2クラスの物体検出モデルの学習を教師データ作成含めてサクッと行うよ

公開日:2022年7月26日 最終更新日:2022年9月20日 はじめに 詳細な手順 結果 拡張性 動作環境 Python環境構築 その他 2022年9月20日追記:最新記事はこちら はじめにYOLOv7が公開されています。 github.com さっそく使ってみました。 YOLOv5でやったことと…

【pysot】【yolov5】2クラスの物体検出モデルの学習を教師データ作成含めてサクッと行うよ

公開日:2022年7月16日 最終更新日:2022年9月20日 はじめに 詳細な手順 結果 拡張性 動作環境 Python環境構築 その他 2022年7月26日追記 2022年9月20日追記 はじめにタイトルにあるように教師データ作成を含めて物体検出モデルの学習をサクッと行います。こ…

人の顔を追従するカメラアプリ

はじめに 方法 顔検出モデルを作る Pythonスクリプト 動作環境 MXNetを使うところでつまづいたら Webカメラを使うところでつまづいたら はじめに以前サーボモーターを使って物体がある方向を向くカメラを作りました。 touch-sp.hatenablog.com それとは別に1…

【pysot】【yolov5】教師データ作成を含めて物体検出モデルの学習をサクッと行うよ

対象物の動画を撮影し、それに対してpysotを使ってObject Trackingを行います。次にその結果を使ってYOLOv5の学習を行います。

【AutoGluon】Pandasデータフレームを使って物体検出モデルを学習する

AutoGluonではPandasデータフレームを使って物体検出モデルを学習することが可能です。

【PyTorch】detectron2を使って独自データに対して物体検出モデルの学習を行う

はじめに 学習データ Pythonスクリプト 結果 推論 参考にさせて頂いたサイト さいごに はじめに前回推論を行いました。 touch-sp.hatenablog.com 今回は独自データに対して物体検出モデルの学習を行ってみたいと思います。学習データこちらで作成したデータ…

【PyTorch】WSL2でdetectron2を使ってみる

公開日:2021年11月14日 最終更新日:2022年8月26日 はじめに 環境 detectron2のインストール Object Detection(物体検出) Pythonスクリプト 結果 Segmentation Pythonスクリプト 結果 Keypoint Detection Pythonスクリプト 結果 参考にさせて頂いたサイト…

MMDetectionを使って物体検出モデルの推論をサクッと行う【PyTorch】

公開日:2021年10月26日 最終更新日:2022年9月21日 はじめに 方法 Python環境構築 実行スクリプト DETR VFNet 結果 関連記事 2022年9月21日追記:学習編 はじめに最近PyTorchの勉強を始めたのですが「MMDetection」というものの存在を知りました。「Detecti…

PyTorchに入門してみる part 4 Object Trackingの結果を使ってYOLOv5の転移学習を行う

Object Trackingの結果を使って物体検出モデルの転移学習を行いました。

PyTorchに入門してみる part2 GluonCVでは使えなかった物体検出モデル DETR を使ってみる

はじめに 環境 GPUあり GPUなし Pythonスクリプト 結果 参考にさせていただいたサイト さいごに 追記 はじめに前回に引き続き学習済みモデルを使いながらPyTorchに慣れていきます。 せっかくなのでGluonCVでは使えなかった比較的新しいモデルを使ってみよう…

【WPF】物体検出のためのPythonスクリプトをC#から実行する

はじめに 今回作ったもの 操作中の画面 結果出力後の画面 開発環境 方法 Pythonスクリプト C#のコード MyFuncクラス WindowSettingメソッド MainWindowクラス さいごに はじめにPythonスクリプトにWPFでUIを構築します。 C#の「ProcessStart」でPythonスクリ…

【AutoGluon】【物体検出】リアルタイムに顔をぼかす

AutoGluonを使ってWebカメラからの入力に対してリアルタイムに顔部分にぼかしを入れました。

【AutoGluon】【物体検出】Pascal VOC datasetを用いて学習したモデルでリアルタイム顔検出

AutoGluonを使ってリアルタイム顔検出(realtime face detection)を行いました。

敵ロボット検出スクリプトをGitHubで公開します

AutoGluonを使ってロボット写真が貼られたパネルの検出にチャレンジしています。スクリプトをGitHubに公開します。

【GluonCV】【物体検出】胸部レントゲンの結節影を検出せよ!

GluonCVの物体検出モデルで胸部レントゲンにうつる肺結節の検出を試みました。

【AutoGluon】【物体検出】敵ロボット検出を学習する(めざせ!ROBO-ONE auto出場)

AutoGluonを使ってロボット写真が貼られたパネルの検出にチャレンジしています。

【AutoGluon】【物体検出】Pascal VOC datasetを用いて顔検出を学習する

AutoGluonを使って人物の顔の検出にチャレンジしています。物体検出モデルの学習編です。

敵ロボット検出を学習する(めざせ!ROBO-ONE auto出場)

敵ロボットの画像を判別するためにGluonCV物体検出モデルの学習を行いました。学習データの準備には学習済みObject Trackingモデルを使用しています。

Pascal VOC datasetを用いて顔検出を学習する②(学習編)

前回の続きです。 touch-sp.hatenablog.com データ準備はGPU非搭載のパソコンで行ったが、学習はGPU搭載パソコンで行った。 Windows10 Pro Visual Studio 2019 communityインストール済み(←たぶんこれが必要?) NVIDIA GeForce GTX1080 Python 3.7.9 CUDA …

Pascal VOC datasetを用いて顔検出を学習する①(データ準備編)

はじめに 以前も同様のことをした。 touch-sp.hatenablog.com 今回はデータをPascal VOC formatで扱ってみる。 データのダウンロードと解凍 host.robots.ox.ac.uk 上のサイトから「VOCtrainval_11-May-2012.tar」をダウンロード。 ダウンロードしたファイル…

Arduinoを使ってボールを追いかける車を作った

はじめに カメラ画像をWi-FiでPCに送信。 PCでカメラ画像からボールの位置を確認、XBeeを使ってArduinoにモータを動かす指示を送信。 上記を繰り返すことによってボールを追いかけることができた。 ボールの認識はMXNetの物体検出モデルを使用した。(こちら…

ボールがある方向を向く(パン&チルト)

touch-sp.hatenablog.com 以前は1軸であったが、今回は2軸にした。 ボールを検出するために学習済みSSDを使って転移学習を行った。 (こちらを参照) Pythonコード import mxnet as mx import gluoncv import serial, time import cv2, queue, threading cla…

人がいる方向をむく(アクションカメラ APEMAN A79)OpenCV-Python

touch-sp.hatenablog.com 前回はOpenCVではどうしてもうまくいかなかったと書いた。 数日間調べ続けてようやく解決策を発見した。 stackoverflow.com import mxnet as mx import gluoncv import serial, time import cv2, queue, threading class VideoCaptu…

人がいる方向をむく(アクションカメラ APEMAN A79)

はじめに 環境 バージョン確認(pip freeze) Pythonコード Arduinoスケッチ はじめに touch-sp.hatenablog.com 前回はiPhoneを使った。アクションカメラの方が軽量なのでそちらでもチャレンジ。 アクションカメラは安さ優先で「APEMAN A79」を選択。 1. ま…